1. トップページ
  2. 三島食品株式会社
英語

検 索 結 果 詳 細

ミシマショクヒン

三島食品株式会社

製造業

代表者名
末貞 操
フリガナ
スエサダ ミサオ
設立年
2016年
資本金
9000万円
売上高
139.6億円
従業員数
419人
郵便番号
730-8661
会社住所
広島市中区南吉島2‐1‐53 

地図を見る

電話番号
082-245-3211
FAX番号
082-249-2557
E-Mail
webmaster@mishima.co.jp
URL
https://www.mishima.co.jp/
会社PR
ふりかけ、レトルト、混ぜご飯の素などの製造販売を行っています。基本方針は「良い商品を良い売り方で」。より良い原料から良い商品を作ることを心掛けています。広島工場ではふりかけなどの乾燥品を主体に、観音工場ではペースト品などを、関東工場はレトルト食品を主に製造しています。広島県北広島町にある農園事業「紫の里」では、主力商品「ゆかりⓇ」に使用する赤しそや広島菜の栽培を行うとともに、実験農場としても機能しています。高知県室戸市で「スジアオノリ」の養殖施設の運営管理にも参入し、安定した原料供給の研究に取り組んでいます。また、ご飯周りだけではない食生活全体でご利用いただける提案を行っています。
主要製品
ふりかけ類
混ぜごはんの素類
レトルト食品
主要取引先
三菱食品株式会社
株式会社日本アクセス
国分グループ本社株式会社
東亜商事株式会社
伊藤忠食品株式会社
主要設備
かつお節削り機 8台
バンド型乾燥機 5台
検査装置(金探・X線・画像選別など)
小袋充墳包装機 9台
包装機 20台
レトルト殺菌釜 2台
保有技術
食料品製造業
●開発部、研究所で、ユーザーニーズの調査から、要求品質の具現化を行っている。
食料品製造業
●原材料素材を極力生かす様に、添加物はできる限り使用しない配合を考えている。
食料品製造業
●各種天然原料の異物除去において、自社開発を含め、素材に合せた選別装置を有している。
食料品製造業
●赤しそ、広島菜、若布、鰹節等素材の風味、色彩等を保持した熱風乾燥技術を有している。
食料品製造業
●釜飯の素・惣菜等をレトルト殺菌釜により加圧加熱殺菌する。
最も得意とする(アピールしたい)技術

主要技術である乾燥技術を中心に、原料の選別から加工処理、調味、包装等一連の工程を、自社固有の加工技術・設備改良技術により、品質最優先の自動化ラインで生産している。

今後取り組みたい技術
食料品製造業
●一次産品の使用ウェイトが高く、異物選別は当然で、微生物関係も考慮した技術。
食料品製造業
●それぞれの食品素材に合った乾燥方法の研究開発。
食料品製造業
●食品の性質を生かした殺菌技術の開発。既存技術の組み合わせによる技術開発。
食料品製造業
●優良株の大量増殖技術の開発。
食料品製造業
●食品の機能性に関連する研究開発。
食料品製造業
●ロボット・AI等を駆使し、生産活動の合理化を図る。
アクセスマップ
戻る
ページTOPへ