1. トップページ
  2. 広島シンター株式会社
英語

検 索 結 果 詳 細

ヒロシマシンター

広島シンター株式会社

製造業

代表者名
河迫 重孝
フリガナ
カワサコ シゲタカ
設立年
1979年
資本金
3700万円
売上高
2億6000万円
従業員数
25人
郵便番号
731-3362
会社住所
広島市安佐北区安佐町久地258 

地図を見る

電話番号
082-810-3113
FAX番号
082-837-3993
E-Mail
hsinter@urban.ne.jp
URL
http://www.urban.ne.jp/home/hsinter/
会社PR
当社の粉末成形技術は「段差の大きい物は成形が難しい」という問題を克服し、ネットシェイプ部品を提供します。
多種少量ロット・速やかな量産準備で短納期対応します。
主要製品
自動車用ドア・エンジン等の焼結部品
OA機器用鉄系・銅系無給油含油軸受品
ATM等通貨機器用焼結ギア
食品関連機器用ステンレス焼結品
ステンレス・銅系焼結フィルター・サイレンサー部品
主要取引先
井澤金属(株)
旭商事(株)
静岡日立(株)
イワタボルト(株)
ツカサ電工株式会社
保有技術
輸送用機械器具製造業
●鉄・ステンレス・銅系の多種少量ロットに対応できる焼結品の提供をします。
輸送用機械器具製造業
●焼結品の防錆として黒色化処理及びモリブデン系塗膜処理による摺動抵抗削減を実施。
輸送用機械器具製造業
●加工が難しいとされる焼結品の切削・施削・研磨が行え、完成品での製品提供ができる。
輸送用機械器具製造業
●焼結技術を利用しステンレス・銅系の各種フィルター・サイレンサーの製造実績を有する。
輸送用機械器具製造業
●焼結品の工程内及び出荷検査には計測機器の校正管理に対応した測定で万全を期します。
輸送用機械器具製造業
●成分分析が必要な製品は工業技術センターの協力を得て確実に分析し、スピーディに対応。
輸送用機械器具製造業
●焼結品の材料強度等も社内試験機器を駆使しデータ提供できる体制となっています。
最も得意とする(アピールしたい)技術

焼結部品が苦手とする細い棒状の突起形状を当社独自の成形技術で可能にし、又鉄系・ステンレス系問わず成形できない形状も分割し焼結にて結合する技術を有しておりお客様のニーズに合った製品を提供できます。焼結では難しいとされる高強度部材品を独自の温間成形技術で高密度高強度焼結品を可能にした。
多品種少量生産にも対応しています。

今後取り組みたい事業分野と内容
製品開発初期段階から顧客と共同でニーズに合った低コスト商品を提供したい。
焼結フィルター技術を駆使して船舶省エネルギー技術の確立。
既存の金属粉焼結からさらに特殊新素材の焼結を含めた開発。
今後取り組みたい技術
輸送用機械器具製造業
●焼結を利用した新素材の製品化開発。
輸送用機械器具製造業
●コンピュータを利用して部品の生産・品質管理を統合的に行なえるCIMの確立。
輸送用機械器具製造業
●鋼材切削品に劣らない高強度焼結品を可能にする温間焼結技術。
その他(知的所有権、外部共同研究開発実績など)

①広島県西部工業技術センター平田主任研究員と共同で、「船舶省エネ航行技術」の開発を行っている。
②広島市産学官共同研究開発の平成15年度においてテーマ「温間成形法による高強度焼結品の製造」を実施、製品化の取組みを更に推進している。

アクセスマップ
戻る
ページTOPへ