1. トップページ
  2. 株式会社久保田鐵工所
英語

検 索 結 果 詳 細

クボタテッコウショ

株式会社久保田鐵工所

製造業

代表者名
久保田 卓
フリガナ
クボタ タカシ
設立年
1938年
資本金
1200万円
売上高
62.5億円
従業員数
約200名
郵便番号
739-0321
会社住所
広島市安芸区中野一丁目6‐1 

地図を見る

電話番号
082-893-1121
FAX番号
082-893-1214
E-Mail
y.ohban@kubota-iron-works.co.jp
URL
http://www.kubota-iron-works.com/
会社PR
「創意工夫と和をもって社会に貢献できる企業を目指そう」を社是に掲げ、保有する塑性加工技術、機械加工技術、熱処理技術、組立て技術などの基盤技術に加え、材料置換、電動化などの新技術にも積極的にチャレンジし、自動車の低燃費化、低コスト化に貢献します。
写真1

当社で開発、生産されるウォーターポンプは、マツダ(株)様の全車種で採用。低燃費化に貢献しています。

写真2

ドライブシャフト、M/T部品、ドライブプレートは、塑性加工から機械加工、組立てまでを社内で対応。

写真3

シフトフォーク、クラッチレバー等の精密加工MT部品を生産しており、本社工場及びタイ工場で対応が可能。

主要製品
エンジン冷却用ウォーターポンプ
A/T車用ドライブプレート
ドライブシャフト
M/T用部品(シフトフォークなど)
主要取引先
マツダ株式会社
NTN株式会社
愛知機械工業株式会社
GKNドライブラインジャパン株式会社
主要設備
マシニングセンター 60台
NC旋盤 91台
6軸ロボット 6台
熱処理装置 3台
油圧プレス機 1台
 1600t
保有技術
輸送用機械器具製造業
●当社で設計、開発、製造されるウォーターポンプは低燃費化に貢献
輸送用機械器具製造業
●ワンピース形ドライブプレートは軽量化、低騒音化、低コスト化に貢献
輸送用機械器具製造業
●ドライブシャフト、M/T部品などを多品種の部品を高品質、低コストで生産可能
輸送用機械器具製造業
●塑性加工技術(金型の設計・製作から塑性加工、機械加工までを社内で対応可能)
輸送用機械器具製造業
●中実素材を使った中空冷間鍛造M/Tシャフトは軽量化、低コスト化に貢献
最も得意とする(アピールしたい)技術

塑性加工技術、機械加工技術、熱処理技術、組立て技術などの基盤技術に加え、材料置換、電動化などの新技術にも積極的にチャレンジし、自動車の低燃費化、低コスト化に貢献します。

今後取り組みたい事業分野と内容
新しい加工技術の導入、材料置換による自動車用部品の軽量化、低コスト化
補機の電動化による自動車の低燃費化
自動車用部品以外の分野の市場開拓
今後取り組みたい技術
輸送用機械器具製造業
●保有する解析ソフトの活用による自動車用部品の軽量化、電動部品の開発
輸送用機械器具製造業
●新しい塑性加工技術の導入による塑性加工部品の低コスト化
その他(知的所有権、外部共同研究開発実績など)

国内特許取得件数:24件
・ドライブプレートに関するもの:4件 (米、欧でも特許取得)
・中空冷間鍛造に関するもの:5件
・その他塑性加工に関するもの:11件
・ウォーターポンプに関するもの:3件 他

アクセスマップ
戻る
ページTOPへ